ハロハロカフェってなぁに?

ハロハロカフェは、北九州市立大学内で開催している乳幼児を中心とした
「みんなの集い場」(フリースペース)です。

スタッフは、子どもが小さいおかあさんとセンパイおかあさん。
何も専門的なことは言えないけど、フツーにおしゃべりしませんか?
子どもたちが遊ぶかたわらで、わたしたちもほっとしましょう。

「出会い」と「いごこち」にこだわった、ハロハロカフェ。
ぜひ一度きてみてください。

●お願い

・ここは、みんなでつくっていく場所です。自分の責任で自由に過ごしてください。
・一人でドキドキしながら来られる方もいます。
先にハロハロカフェのことを知っている人は教えてあげてくださいね。
・グループで来られた方も、せっかくですので、いろいろな方との出会いを楽しんでくださいね。
・おもちゃは片付けてお帰りください。
・飲食は決められた場所でお願いします。
・ごみ(おむつなど)はお持ち帰りください。

●誰が行くの?

・乳幼児から、シニアの方まで。こうした居場所に関心をお持ちの方なら、どなたでもどうぞ。
・学生さんも遊びにきてください。
・妊娠中の方も大歓迎!出産前でも遊びにきてネ!!
(子どもを預けたり、子どもだけがくる場所ではありません。)

●どんなことをするの?

・なにかを「する」というより、「いる」場所です。おうちで親子で遊ぶのもいいけど、気が向いたときに気軽におでかけください。

●こんなものがあります。

・子どもが遊びやすい空間つくりをしています。おもちゃや絵本、お庭もあります。
・菜園で子どもと一緒に水やりもできますよ

●運営はどこ?

「乳幼児子育てネットワーク・ひまわり」
「北九州子育ち・親育ちエンパワメントセンター(愛称:Bee)」
がコラボラキャンパスネットワーク事業の一環として行っています。

※コラボラキャンパスネットワークとは、2006年1月から北九州市立大学で、「北九州市立大学」、「乳幼児子育てネットワーク・ひまわり」、「NPO法人北九州子育ち・親育ちエンパワメントセンターBee」、「高齢社会をよくする北九州女性の会」、「NPO法人GGPジェンダー・地球市民企画」、「NPO法人スキルアップサービス」の6団体に、2016年度より新たに「Say輪(セイリング)」を加えた計7団体が取り組む、多世代交流・地域づくりに関する協働事業をコーディネートするネットワーク団体です。
普段接することの少ない学生と地域の方々が北九州市立大学キャンパスを拠点に交流できる活動やイベントを展開中です。

※ この場所は、過去にいただいた社会、福祉・医療事業団(子育て支援基金)や、
北九州市地域福祉振興基金の助成で環境づくりをしてきました。
現在の運営は、参加者の「ハロハロの素(運営協力費)」やバザー収入、大学の場所の支援等、
たくさんの人たちが力を出し合って運営しています。
top


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン